カテゴリー別アーカイブ: 単身引越し

単身パック最安王

単身者向けの引越しサービスとしてもはや定番となっている「単身パック」
各引っ越し業者が提供しているものです。

料金設定が一律のものと、条件に合わせて見積もりをとるものと、2種類あります。

いずれも言葉の響きから、通常の見積もりをとる場合に比べて、お得になるのかとついついイメージしがちですが、注意してください。
そうとは限らずケースバイケースになるでしょう。

単身パックというのは、最初の最低料金は安く設定されていますが、条件によって追加料金が発生する場合があります。
ご自身の引っ越しの条件を踏まえて、実際に単身パックはいくらかかるのか、慎重に吟味する必要があります。
そもそも引っ越し料金というのは定価がありませんので、引っ越し業者によって容易に価格が変更されやすいです。

まずは各引っ越し業者へ通常の見積もり依頼をして、その後に単身パックとの料金比較をするのが賢明でしょう。

各引っ越し業者へは電話で依頼をするのではなく、インターネット経由で見積もり依頼をするのが良いです。
私たちも短時間で簡単に各社の料金を知ることができますし、営業担当の人に来訪してもらうよりも、おおむね安い値段を提示されます。
これは人件費がかかっていないためですね。
ネット経由での見積もり金額と、単身パックの2種類の料金を、比較検討してください。

▼無料見積もりサイトはこちら

また、単純に料金が安いからといって安心せずに、補償内容やサービス内容のチェックも欠かさずにしましょう。
一般的に引っ越し業者とのトラブルは多い傾向ですので、事前に確認しておく必要があります。
トラブル無くお互いに納得いくような引っ越しができるといいですね。

by.単身パック最安王

日通の単身引っ越し

日通の単身引っ越しについてお話します。

日通というのは、日本通運の略称で、大手物流会社の一つです。

物流事業の多角化展開ということで、引っ越しサービスも提供しています。

日通の引っ越しサービスについてみていきましょう。

まず特徴として、単身向けのサービスを充実させていることが挙げられます。

荷物の量によって、Sサイズ、Lサイズ、Xサイズの3種類展開しています。

また、日通が売りにしているのは、単身で遠い場所へ引っ越しをする場合に、料金を安くしていることです。

たとえば、東京から西日本への引っ越しなどです。

全国に張り巡らされている日通の流通網を活かせるからこその低料金だと思います。

引っ越し専業会社は真似できないはずです。

もちろん、近距離引っ越しのパックサービスもあります。

ほかにもインターネット経由で申し込みをすると割引が適用されたり、多めの荷物の場合には割引されたりと、
更にお得になる条件もありますので、事前にチェックすることが必要です。

引っ越し専業会社のようなオプショナルサービスもあります。

エアコンの取り付け取り外しなども、きちんと行ってもらえます。

ところで、引っ越し料金というのは、現地で現金払いが多いと思います。

通常何のポイントもつかないはずですが、日通の場合には全ての引越しサービスにおいて、フライトマイルが貯まります。

航空会社は、日本航空や全日空と提携しています。

サカイ引っ越しセンターの単身引っ越し

パンダがトレードマークのサカイ引っ越しセンター。

引っ越し専業会社の最大手です。

パンダのトラックが通りかかると、子どもたちは大興奮します。

家族向けや法人向けのイメージが強いかもしれません。

では、サカイ引っ越しセンターで単身引っ越しをする場合について考えてみましょう。

サカイ引っ越しセンターでは、単身者用、家族用などという分類ではサービスを展開していません。

どの範囲までを請け負うかによって、各コースを設けています。

荷造りから開梱までを、サカイ引っ越しセンターが請け負うのか、お客自身にやってもらうのか、ということです。

コースを選択した上で、荷物の量や移動距離などによって料金が変わってきます。

なるべく自分自身で荷造りや開梱をする、ということであれば、低料金コースを選ぶことができます。

サカイ引っ越しセンターの特徴として、ダスキンと提携することにより、引っ越しと併せてお掃除サービスも提供していることです。

引っ越しで忙しい時期にお掃除を代行してもらえるのは嬉しいですね。

他社には無いサービスだと思います。

また、これもサカイ引っ越しセンターだけですが、来訪してもらって見積もりをとるだけで、もれなくお米「ひとめぼれ」を1kgもらえます。

サカイ引っ越しセンターの狙いは、まずは見積もりをとってもらうことで、見込み客情報を得ようということでしょうか。

一概には言えませんが、サカイ引っ越しセンターは他社に比べて、比較的安い値段を出してくるようです。

もちろん、ただ安いからといって、サービスの内容や万が一の補償についても、きちんと確認しておくことが肝要ですね。

アリさんマークの引越し社の単身引っ越し

アリさんマークの引越し社は、引っ越し専業会社大手の一つです。

青いトラックが目印です。

高品質な引っ越しサービスを提供することを売りにしている会社です。

単身者向けの引っ越しプランも充実しています。

年々ひとり暮らしが増えているなか、単身者向けサービスに力を入れていかざるを得ないのでしょう。

利用者側からすれば、プランが増えれば選択肢も増え、料金の比較もしやすくなるので、助かりますね。

まずミニ引っ越しプランというサービスがあります。

ダンボール箱10個までといった極少量引っ越しの場合から、テレビや冷蔵庫など大物家電も含めた、たたみ3畳ほどのボリュームまで対応しています。

注意していただきたいのは、同一区内および同一市内における近距離の引っ越しのみに適用されるサービスです。具体的には5km以下です。

また、日にちや時間の指定ができないために、ある程度スケジュールの融通が効くという方であれば良いと思います。

ほかにもダンボールの大きさが設定されているので、それらの条件をよく確認する必要があります。

諸々の制限はありますが、その分お値段はかなり抑えることができます。

そしてどんなに安いプランであっても、10分間サービスというのが無料で付いてきます。

これは搬出後または搬入後に、10分間サービスをしてもらえるというものです。

家具の配置変えや荷物の開梱など、やってもらいたいことをリクエストすればやってくれます。

ちょっとしたことを頼めるのが嬉しいですね。

クーポンで割引になることもあるようですので、まずは見積もりをとってみてはいかがでしょうか。

クロネコヤマトの単身引っ越し

クロネコヤマトは黒い猫がトレードマークの、言わずと知れた宅急便配達の最大手業者ですね。

そのクロネコヤマトが、引っ越しサービスを提供しています。

ちょっと意外でしょうか。物を運ぶという点では共通していますね。既存の流通網を活かした新事業展開のようです。

他の引っ越し業者が提供しているサービスと比べて、クロネコヤマトの単身引っ越しは、
あくまでも身軽に引っ越しをしようというコンセプトです。

荷物を宅急便のような感覚で移動してしまおうというものです。

宅急便配達業者ならではの発想ですね。

大学への入学、会社への入社、単身赴任での転勤など、荷物が少ない人にぴったりのサービスです。

通常の単身引っ越しサービスに加えて、miniタイプというサービスもあり、
最低限の荷物だけを運ぶことで、破格の値段で引っ越しが可能です。

ただし、引っ越し先の場所によって条件がありますので、詳細をよく確認してください。

更に安く済ませるには、インターネット経由で申し込みをしたり、平日に引っ越しをしたりすれば、割引が適用されます。

値段が安い分、サービス内容が限定されてしまいますが、もし必要であれば、
追加でオプションサービスが用意されています。

必要に応じて、検討してみてはいかがでしょうか。

新生活スタートにあたり、なにかと出費が多い時期ですから、
引っ越し料金は極力抑えたいと思う人は多いはずですね。

出費を抑えるところは抑えて、他の分野へお金を振り分けられるよう、引っ越しサービスをよく吟味しましょう。

ハトのマークの引越センターの単身引っ越し

ハトのマークの引越センターは、引っ越し専業大手の一つです。

その名のとおり、平和の象徴である鳩がトレードマークです。

ハトのマークの引越センターでは、単身者向け、家族向け、シニア向けで展開されています。

単身者向けでは、荷物が多いか少ないか、距離は遠いか近いかによって、プランが分かれています。

また、航空機を使っての引っ越しサービスもあります。

本州から北海道や九州へ引っ越す場合、荷物が少ない場合に、お安く済ませることができます。

引っ越し専業社ならではのサービスですね。

いずれのプランでも、小さな荷物の梱包や開梱はお客自身、
大物荷物の梱包および開梱と全ての荷物の搬出入は、ハトのマークの引越センターが請け負います。

ハトのマークの引越センターでは、梱包するのは一般的なダンボールではなく、エコプランBOXというものを使っています。

引っ越し後のダンボールの束を捨てる手間が省けますし、エコプランBOXは再利用することができるので、
地球や環境に優しいです。平和の象徴である鳩をイメージした企業使命なのかもしれません。

テレビ用や食器用など用途に合わせたエコプランBOXも用意されています。

また、エコプランBOXはプラスチックでできているため、防水・防滑することができ、
仮に引っ越し日が雨になってしまっても、中身が濡れる心配はありません。

いくらダンボールをリサイクルできるといっても、1件1件の引っ越しで発生するダンボールの量は非常に多いですよね。

そのようなゴミが出ないことで地球や環境に優しく、利用者としてはダンボールを捨てる労力を省くことができます。

これは他社には無いサービスで特筆すべきものだと思います。

単身パックガイド安い一番

単身者向けの引越しサービスとしてもはや定番となっている「単身パック」
各引っ越し業者が提供しているものです。

料金設定が一律のものと、条件に合わせて見積もりをとるものと、2種類あります。

いずれも言葉の響きから、通常の見積もりをとる場合に比べて、お得になるのかとついついイメージしがちですが、注意してください。
そうとは限らずケースバイケースになるでしょう。

単身パックというのは、最初の最低料金は安く設定されていますが、条件によって追加料金が発生する場合があります。
ご自身の引っ越しの条件を踏まえて、実際に単身パックはいくらかかるのか、慎重に吟味する必要があります。
そもそも引っ越し料金というのは定価がありませんので、引っ越し業者によって容易に価格が変更されやすいです。

まずは各引っ越し業者へ通常の見積もり依頼をして、その後に単身パックとの料金比較をするのが賢明でしょう。

各引っ越し業者へは電話で依頼をするのではなく、インターネット経由で見積もり依頼をするのが良いです。
私たちも短時間で簡単に各社の料金を知ることができますし、営業担当の人に来訪してもらうよりも、おおむね安い値段を提示されます。
これは人件費がかかっていないためですね。
ネット経由での見積もり金額と、単身パックの2種類の料金を、比較検討してください。

▼無料見積もりサイトはこちら

また、単純に料金が安いからといって安心せずに、補償内容やサービス内容のチェックも欠かさずにしましょう。
一般的に引っ越し業者とのトラブルは多い傾向ですので、事前に確認しておく必要があります。
トラブル無くお互いに納得いくような引っ越しができるといいですね。

by.単身パックガイド安い一番